世界最強といわれる日本刀

江戸時代中期、『三国通覧図説』『海国兵談』などの本を書いて、危険思想の持ち主として色々と弾圧された林子平のエピソードを紹介します。 彼は、日本各地を訪れ見聞を広めていたが、長崎に滞在していたころの話である。 彼はあるとき、大きな騒ぎに遭遇した。鎖国中の日本と貿易をしていた清国の唐人たちが、日本の対応に不満をもち、暴動を起こした末、唐人屋敷内の建物に立て こもってしまったのである。そこで彼は、唐人たちが立てこもる建物の門にかかった問を、持っていた日本刀で叩き斬り、建物に突入、青竜万をも一万両断にしたという。 こうした子平の活躍によって暴動は鎮圧され、彼の武勇伝はあっという間に長崎 の町に広まった。そんな彼の評判を聞きつけたオランダの商館長が子平を自宅に招待し言った。 「噂というものは当てにならないものだが、林殿の活躍も、 そうとう尾ひれがついているようだ。中肉中背の背の低い日本人が、門の問を叩き斬り、青竜万を真つ二つにし たなどは絶対に嘘だ、デマが流れているそうじゃないか」と。 それを聞いた子平は、ヘイトの家にあった洋万を七本束ね、いともたやすく刀で両断してみせたのである。本当かどうかはわからないが、日本刀のスゴさ を物語る豪快なエピソードです。

このように、武士にとって日本刀は、持つ人の命を守る大切なものです。「世界最強の刃物」とはいっても、実際自分の日本刀がどのくらい斬れるのか、気になるところです。いざ戦いの段になり、その斬れ味の悪さに気付いてももう遅い。敵の刃に斬り倒されて、あっという間もなく、殺されてしまう。 現代では日本刀を使って敵と斬り合うことはないが、それでも「日本刀の命」と もいえる斬れ味は、その品質を左右するうえでの最重要事項であり、巻藁や畳、青 竹などを使って「試し斬り」が行われている。ましてや、戦いの道具として日本刀 を使っていたころは、武士はその斬れ味には非常に神経をつかっていた。こういった思いでたくさんの名刀をみていきます。

安綱の太刀

長さ二尺二寸九分 反り七分 鎬(しのぎ)造り 反り高く、気品高い太刀姿。銘は中心尻よりに「安綱」 と大振りで雅味あふれた二字銘。櫨目はきり。鍛え小板目に大板目にゆったりとまじる。刃文は直刃、のたれごころで小乱れまじり。本刀は極めて健全で、総体の作風がいかにも無技巧な古調あふれた名宝である。

古備前正恒の太刀

長さ二尺三寸七分 反り七分二厘 鎬造り。鍛え板目肌。刃文はもと小乱れに丁子まじり、物打ち辺りは直刃仕立てで小乱れまじり、小沸えよくつき、匂い足、葉盛んに働く。中心の櫨目は勝手下がり、磨きあげられて、中心尻に「正恒」と銘が見える。本刀は佐竹家伝来で、佐竹義重の佩刀と伝えられる。総体の作風はきわめて古調で、正恒の中でも時代の上がった一振りである。

源兵衛祐定の刀

備前国住長船源兵衛尉祐定作之 天正六年八月上吉日長さ二尺二寸四分五厘 反り六分五厘 鎬造り。生ぶ中心 鑢目勝手下がり。鍛え小板目小杢まじり。刃文互ノ目丁子乱れ、中ほどよりは皆焼きで華麗な作風である。源兵衛祐定は同名多数の祐定中では与三左衛門尉、彦兵衛尉などと共に上手で著名である。同名二代あり、本作の様な小振りで整った銘字が二代である。古代より切れ味のよいところから武将に賞用された。

関兼常の刀

長さ二尺三寸二分 反り六分五厘 鎬造り。 鍛え板目、刃文互ノ目丁子乱れ。鑢目は鷹の羽。兼常は末関を代表する刀工の一人。大和手掻の系統といわれ、同銘で数代ある。本作は大永頃の兼常で、応永備前を思わす刃文、錬れた地金から一時代上がってみえる。本刀は砥当たりから刃味も極めて優れ、質実兼備の傑作である。

若州冬広の刀

若州住冬広作八幡大菩薩 天正八年二月吉日 棟に十大長さ二尺四寸六分五厘 反り八分 鎬造り。身幅広く先反りの豪刀。鍛え杢目、刃文のたれに互ノ目まじり。表裏に丸留の棒樋と添樋の彫刻がある。冬広の祖は相州広次の子で、以下幕末まで一門連綿とつづき、またその門葉も各地で栄えた鍛冶の名門である。本工は位階は一流とはいえないが、本作は地刃優れ、南北朝期の名作に迫る傑作。

宝寿の太刀

長さ二尺五寸六分 反り一寸二分五厘 鎬造り。生ぶ中心、わずかに区送り、鑢目はきり。鍛えは崩れて掃ける。表裏に棒樋を掻け流す。元来奥州ものは最も古く、古剣書にも舞草一類、月山などの平安期の刀工名をかなり見る。しかし現在品は皆無である。今日普通見るものは室町以降の宝寿、月山一派のものだが、本刀は鎌倉中期を下らぬもので、その洗練された作風は、数少ない奥州ものを代表する一振りであるとともに、きわめて貴重な資料でもある。

三条吉家の太刀

長さ二尺四寸六分五厘 反り八分 鎬造り。少し磨上がっているが、反りの高い優雅な太刀姿。鍛え小板目肌、刃文小乱れに丁子まじり。吉家は山城ものを代表する名工で、時代は平安末から鎌倉初期と思われる。本刀はすこぶる健全で、京物で気品あふれた作風を遺憾なく発揮した代表作。ちなみに、これは六代将軍徳川家宣より島津吉貴が拝領したものである。

延寿国信の太刀

長さ二尺四寸八分 反り九分八厘 鎬造り。鍛え小杢目、刃文中直刃。表裏に丸留の棒樋の彫刻がある。延寿系図によれば、国信は歴応の国村の三男で菊池に住すとある。延寿一派の作風は系統上全てに京風が強く、穏やかで上品な作刀が多い。また「延寿」というのは名前がめでたいので贈刀に用いられた。本刀は胸のすくような剛快な作風でこの一派としては異例な一振り。健全無比、同派中での傑出した名作である。

孫六兼元の刀

長さ二尺三寸五分 反り六分 鎬造り。身幅広く覇気溢れた造り込み。鍛え杢目、刃文三本杉乱れ。生ぶ中心、わずかに区送り。鑢目鷹の羽。地刃ともに健全で質実兼備した孫六の代表作。美濃ものは、量産可能の鍛法、切れ味の良さなどから広く武人に賞用された。孫六は有名な三本杉乱れの創始者で、抜群の切れ味は最上大業物とされ、和泉守兼定とともに美濃ものの真価を世に高楊した功労者。

長船康光の太刀

長さ二尺四寸五分 反り九分 鎬造り。鍛え杢目に板目まじり、刃文互ノ目丁子乱れ。佩き表に三鈷剣と梵字、裏に丸留の棒樋と添え樋の備前彫り独特の彫刻。生ぶ中心、わずかに区送り鑢目は筋違い。応永備前は堅実な作風を特長としているが、本刀は堅実さに加えて華麗な作風。室町期最高の名工の白眉の一振りである。鍋島家伝来という。

一文字吉房の太刀

長さ二尺二寸六分 反り七分 鎬造り。鍛え杢目に流れ板目まじり、刃文重花丁子。鑢目は筋違い。佩き表の中心尻に「吉房」の二字銘。吉房は後鳥羽院の御番鍛冶で、福岡一文字一派きっての丁子刃の名人。本刀も定評通りの見事な出来で、磨き上げられてはいるが、なお生姿の豪壮さを留めた造り込みとともに、まさに絢爛華麗な一振りである。

来国光の太刀

長さ二尺三寸七分 反り八分 鎬造り。鍛え小板目肌、刃文浅く広直刃調にのたれ、小丁子、小乱れまじり。国光は来国俊の子で、鎌倉末期の名匠である。本刀は総体に相州風がみられ、国光の後期作中の傑作。島津家の記録に、「寛永七年四月十八日、家光公桜田御屋敷へ御成之節、光久公御拝領」とある。

名物亀貞宗の刀

長さ二尺三寸四分五厘 反り八分余 鎬造り。鍛え板目肌、刃文のたれ調に小乱れまじり。表裏に二筋樋の彫刻があり、指表は掻き通す。中心は大磨上げ、鑢目は筋違い。本刀は大徳川家伝来の国宝で、中心尻の亀甲の毛彫りから亀甲貞宗という。刃文は穏やかで気品高い作りであるが、強く冴えた見事な地金、働きの多い刃中の変化に烈しい気迫が漲り、まさに同作中の代表作である。

西蓮の短刀

長さ九寸二分、平造り。浅い内反り、真の棟。中心はわずかに区送り。鍛えは板目肌流れ、刃文小さくのたれごころに乱れる。表に素剣、裏に護摩箸の彫刻がある。本工は初め国吉、のち法師となり西蓮と称した。正宗十哲の一人左文字の祖父という。本作は地金に九州物の特色が示されているが、刃文、彫刻などは、相州風の強いもので、左殿結びつきを首肯させる貴重な資料であり、同作中の傑出した短刀である。

伯州広賀の刀

伯耆国住人 見田五郎左衛門尉広賀の刀です。長さ二尺三寸四分 反り七分 鎬造り。鍛え小板目、刃文互ノ目丁子乱れ。中心は生ぶ、鑢目は勝手下がり。広賀には見田派、道祖派の二派あり、ともに数代あって新刀期に及ぶ。なかでも、この見田五郎左衛門尉が出色である。本作は末備前の一流工に比べて遜色のない傑作で、皆焼きがかった刃文など、総体に末相州風があり、所伝を首肯させる一振り。

◎おすすめの日本刀の販売店・・・刀剣や刀の販売なら日本刀販売専門店つるぎの屋