刀の呼び方

もっとも基本的な「呼び名」 についてみておこう。意外と誤解があるのが、「正宗」や「村正」などが、一つの日本刀を指す名前ではなく、これらを作った刀匠の名前であり、彼らの作品の総称だというこ と。つまり、「正宗は日本が世界に誇る名刀である」というのは、正確にいえば正宗が作った日本刀は世界に誇る名万であるということになる。 これらの刀匠の名前を、「茎」と呼ばれる「柄」に隠れる部分に入れることを「銘を切る」といい、銘を切ることで、「誰が作ったものであるか」が明確になる。 武士にとって、この「銘」は重要である。シャネルとかグッチと いった「ブランド名」「メーカー名」に例えたらわかりやすいだろう。「聞いたこと もないどこぞのメーカーが作ったバッグよりも、シャネルのバッグがほしい。シャネルなら安心できると考えるのと同様に、当時の武士たちも、優れた刀匠の作っ た名刀に命を預けたいと考えたことは、容易に想像できる。 また、どのような特徴があったとか、持ち主が誰であったとか、誰を斬った、何を斬ったなど、実話や伝説に由来して「号」が付けら れているものも多い。たとえば、刀匠・長船兼光が作った上杉謙信の愛刀を「謙信 かねみついしどうろうむねちか 兼光」、石灯龍を斬ったことから「石灯龍切」、万匠・三条宗近の作で半月形の模様 みかづき が見られることからコニ日月宗近」など。有名な正宗の中にも、能楽の観世家より徳川家康に献上された国宝「観世正宗」 いしだきりこみ や、石田三成が所持し、深い切り込み痕があることから「石田切込正宗」と呼ばれ、 重要文化財に指定されたものがある。