刀剣の外装

刀剣の外装を総称して捺(こしらえ)と一言う。日本刀の美しさはその刀身だけではない。 一振りの刀が生まれるときは刀匠の他にも鞘師や鐸師、柄巻師などの多くの職人たちが関わり、それぞれの分野で趣向や工夫を凝らしてきた。武士や貴族の道具であり象徴でもある万は、実用と装飾の両面で大きく発展してきた。採は持ち主の個性を反映しやすいので、元は実用のための意匠であっても次第に腰に彩りを持たせるためのものへと変化していく。例えば鞘などは刀身を包んで保護することが目的だが、上代の刀ですら貴族はきらびやかな金銀の細工の鞘、武人は黒漆の物や皮を巻いた丈夫で実用本位な鞘であり、身分に適した装飾が施されている。いつの時代も土地や流行にも大きく影響を受け、茶の湯の美意識を取り入れた「肥後捺」や、幕末に猛威を振るった薩摩示現流の剣術に適した特徴を持つ「薩摩捺」など、様々なバリエーションがある。