小柄の装飾

小柄も奔も鞘口に設けられた植に収められる刀装具の一種である。時代劇などで小柄を手裏剣のように投げつける場面をみるが、あれはフイクシヨンだけの話だ。小柄は細工用の小刀、もしくはペーパーナイフとして使用され、弊は髪を撫で付け身だしなみを整える道具である。また奔の柄のほうにある突起は「耳かき」である。

常に刀を持ち歩くのならば実用品も一緒に付けようとする発想は中々面白いといえるが、持によっては小柄植や弊植のないものもある。実用度よりも装飾性を重視したためか、この小物たちが実はそれほど実用的でなかったためなのかはよくわからない。この二つは同じ意匠で装飾することがほとんどで、その場合は両者をまとめて二所物、柄に付ける目貫を加えて三所物と呼ぶ。やはり時代が下がるごとに装飾性が高まり、材料や技術の発展もあり江戸期にもなると非常に高度で細やかな装飾が施されている。