日本刀の「反リ」

日本刀の反りは何のためについているのか。西洋の剣は、反りのないまっすぐのものが多い。それに対して日本万は緩やかに 反っている。その違いは、「突く」か「斬る」かの違いである。反りがあっては「突 く」のに不向きなのは直観的にわかるとして、ではなぜ、反りがある万は「斬る」 ことに適しているのだろうか。 まずは、料理人が刺身を包丁で切る様子を思い浮かべてみよう。刺身包丁を向こ うから手前にスlッと引くと、角が立ったきれいな刺身が次から次へとできてくる。 この「引く」動作が、ものを切るときには不可欠だ。ためしに、包丁を引かずに、 刺身の上から垂直の力だけで切ってみよう。切り口は乱れ、とても人前には出せな いお造りができあがるに違いない。 日本万も同様に、「引く」ことで斬る。そして、斬る動作は、肩を中心とした「円 運動」となり、弧を描く。その弧に合わせた反りが入ることで、引く動作がよりス ムーズになるのである。