日本刀の重さはどのくらい?

二尺三寸の刀身重量は6oo–200g。その刀身に鐸や柄、切羽、などの刀装具を装着し、鞘を払った(輸を抜いた)抜き身状態で8oo–400 g程度。鉄のかたまりなのだから重いのは当然だが、やはり実戦では少しでも軽い方が扱いやすく有利である。日本刀の刀身には、縦にスッと「樋」と呼ばれる溝 が彫られているが、これは、曲がりにくくする、衝撃を緩和するといった理由とと もに、少しでも軽くする役目ももっている。戦において、日本人にとって日本刀の存在意義は高かった。なぜなら、討ち取っ た敵の首を斬り落とさなければ、手柄が認められなかったからである。そういう意味では、いちばん役に立っていたのかもしれない。 けれど、攻撃となると、「弓矢」がもっとも有効だったとする意見が多い。遠距離から敵を狙って仕留めることができるからだ。事実、戦でもっとも多くの人間を倒 した武器は、弓矢である。 日本刀同士の接近戦では自分も斬られる確率が高くなる。斬られないためには少 しでも相手から離れて攻撃したい。この考えでいくと、「刀〈槍〈弓矢」という力 関係が成立する。日本刀同士の戦いは、 討ち死に覚悟の場合のみという意見も見られる。

弓矢は攻撃には向いているが、不意に誰かに襲われたときに使えるかといったら、 それは不可能だ。その点、槍は充分役立つ。しかし、携行するには長すぎて 不便である。腰に差して歩くことも無理なので、常に手に持っていなければならな いのも欠点。抜き身で持ち歩くのは危ないからとカバーをしたら、とっさのときに カバーを外すのに時間がかかる。 これらの欠点をすべて補うのが、 日本刀である。これについてはよく議論されるところである。血や脂で斬れ味が鈍るとか、いや そんなことはないとか。一人でも斬ると刃こぼれするとか、いやそんなことはない、 三人はいけるとか、10人はいけるとか。