焼き入れ

焼き入れをすることで刃が硬くなるばかりでなく、日本刀鑑賞の重要ポイントで もある「刃文」があらわれ、「反り」が生まれる。まさに。刀に命を吹き込む瞬間である。それと同時に、失敗すれば「焼き割れ」といって刀身にひび割れが入るこ ともあり、そうなると命が吹き込まれるどころか、これまでの思い入れと共に刀身 はオシャカとなる。この神聖な焼き入れの日には、刀匠は神棚を清めて柏手をうち、成功を祈るのだ。 ひのき また、「焼き船」と呼ばれる、焼いた万身を水(ぬるま湯)で冷やすための槍の水槽 は、縁起をかついで。割れない。数字「七尺」であつらえる刀匠も多い。 焼き入れは夜、すべての明かりを消して行われる。焼かれた刀身が赤くなるその微 妙な火加減を見落とさないためだ。全体に火が通り、ここぞという瞬間に火から出 して、焼き船で急冷する。このぬるま湯の温度が非常に重要で、焼き割れの原因と 一子相伝 なったり刃の硬さにも大きく影響することから、一子相伝の秘密ともされている。 師匠の目を盗んで湯船に手を入れ、その適温を盗んだ弟子が、師匠に腕を切り落と されたという話も伝えられている。 なかと 焼き入れによって命を吹き込まれた日本刀だが、まだまだ完成には程遠い。茎にやすり 鋸をかけ、銘を切ったら、刀匠の手を離れ、研ぎ の工程では、地は青黒く、刃は白く研ぎ、棟と鏑地には光沢を出し、鋒を仕上げる。自らの経験や勘だけを頼りに寸分のくるいもなく研ぎ上げていく技術には、驚かされる。日本刀の研ぎとは、切れ味はもちろん、 美的調和をより高くして いく作業なのである。白銀師、輸師、柄巻師、郵師、 塗師の手に渡り、それぞれの匠の技によ とうそう って万装小道具 (刀剣を携帯し、使用しやすくするための付属物)が作られ、ようやく 一振りの日本刀が完成する。