芸術性の高い刀装具

鞘、鐸や柄のほかにも、持を構成する刀装具は非常に多い。例えば鞘につける下緒だ。組紐を使った下緒は紐の組み方を見ても多様な組み方があり、これを刀に結ぶときにもいくつものやりかたが存在する。実用から装飾にという意味で面白いのは「返角」と呼ばれる打刀の鞘につく部品がある。打刀は帯に挿しているだけなので抜けやすい。急に抜刀した場合に鞘ごと帯から抜けてしまうことがある。返角はこれを防ぐために鞘に突起を付け、帯の下部に引っ掛けるようにしたものだ。

とっさの危機に対応するための仕組みだが、幕末期の薩摩持などではわざわざ帯に引っかからないように小さく滑らかな物に変化している。

しかし、いくら腰に彩りを持たせるためでも装飾のための装飾というものが無いというのも興味深い事実である。使用感の向上という意味では先程の返角の変化も実用的といえる。持には実用性の中に個性や美意識を注ぎ込まれているのだ。鐸は刀のバランスをとり、戦いのときに手元を保護する役割がある。

また、手が刃の方向へ滑らないようにしたり抜万動作を滑らかにする(鰹口を切る)ためのものである。鞘と並ぶ祷の見所の一つで、時代と程度に差はあれど、鐸専門の職人によって様々な意匠が施されている。限られた空間に数々の技術を注がれて芸術性が高められ、鐸を専門に蒐集する人も珍しくない。鐸の作成は鐸師という専門の金工師が受け持つ。万装具の金工師として最初に記録されているのは室町時代の後藤家が最初だと言われている。後藤家は室町以降、幕末まで万装金工の宗家として活躍した。鐸の形状や装飾には非常に多くの種類があるが、刀装には珍しく実用の意味合いが少ない。しかし、柳生連也斉が柳生新陰流の極意を鐸の意匠で表現した例もある。鐸は装飾性の高さゆえに、その刀の持主を雄弁に表現する。