皆さんはどうして、身の回りの人々の傾向として、右利きの人が多いなどとも考えていらっしゃいますか。日本人の人種の中で右利きを考えることは、長い歴史を通して、で武士が刀を右手で抜いたからであるなどといった考えを持っている人々もいるようです。日本刀を帯刀する武士たちが、刀を身につける上で、その刀同士が、街中を通行する際や家屋の中でぶつかり合わないように、左側通行をルールとしたといったような事柄も語られています。武士が自身の左側に刀を身につけることによって、右手で刀を抜くことができるようになります。そのような事柄から人々は右手を主に利き手とし、公の場での日常的な行動の際には、左側通行を守ることで、ある程度の団体行動が守られたなどとも考えられているようです。実際にレストランなので、食事をする際に、右利きの人と左利きの人がカウンター越しに席に座ると、お互いの肘がぶつかってしまい、食事がしづらいと言ったようなご経験はありませんか。武士の決まり事の中で、左腰に刀を身につけ右手で刀を抜くといったようなルールが出来上がったのも、日常生活の中でお互いに不愉快な思いもしないためなのかもしれませんね。皆さんはどう考えていらっしゃいますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です