初めて刀を購入しようと思っている人には、短刀や脇指などの小ぶりな刀がオススメです。寸法が短いために取り扱いが容易であること、刀が小さいために全体を一度に視界に入れることができるために、初心者が鑑賞しやすいというメリットがあります。値段に関しても、脇指の場合には、刀の半分ほどの値段で入手できることが多いそうです。しかし、短刀の方がさらに小さいため安いというわけではありません。短刀は特別に打たれたなどの理由があることが多く、短いからといって安く手に入るとは限らないそうです。作者の技術が凝縮されている逸品ということも珍しくありません。他にも、茎が改造されているという刀も存在します。これは、寸法を調整するために、昔の人が磨り上げを行ったなどをしたためです。これらも他の在銘の刀を比較したときに、廉価な場合があるそうです。初めてだからといって有名な高い刀を購入するのではなく、手の届く範囲で選んで、コレクションを広げていくというのもひとつの方法です。しっかりしている刀でも無銘であれば、値が安い傾向にあるそうです。どうしても欲しい刀があるという場合でなければ、買い方を考えてみても良いかもしれません。他にも、自分の郷土の刀を集めるというのも、楽しみ方のひとつです。土地に伝わっている刀鍛冶や鍛冶場の伝説と紐付けて、日本刀という形を手に入れることもできます。刀の茎に刻まれている銘文や年記から、郷土史に思いを馳せてみるのも非常に興味深いと言えるでしょう。何より、全国的に有名な刀でない分、比較的安く買えることも魅力的です。予算が限られている場合には、自分の郷土に関係ある刀を選んでみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です