日本刀には芸術的な美しさがあると言われています。「鉄」が、刀工の手によって、美しい姿に変身する様には、不思議さや驚きがあります。またメンテナンスや手入れをきちんと行うことで、その美しさを何百年もの単位で保つことができるというのも唯一無二の存在である証ではないでしょうか。日本刀は、武器でありながら美術品であると言う、日本の歴史上に必ず登場するものでありますが、現代においては観賞用の美術品や工芸品として愛好家に好まれています。実際に日本刀を使用する武道として、居合道などがあるようですが、日本刀を使用することによってより「命」という存在が見えてくるという武道家もいるようです。 日本人にとって、日本刀は「魂」であるなどと考える人々もいるようですが、明治時代の廃刀令が出されるまでは、日本とは、日常的に、日本人の生活の一部として存在していたようです。実際に第二次世界大戦後、日本人の所有する日本刀を没収する際、多くの日本人は日本刀を手放すことを拒んでいたようです。日本人にとって、日本刀は、武器でもあり、守り刀でもあり、神聖な神器でもあるという特別な存在であるのかもしれません。皆さんはに本当に対してどのような思いを抱いていますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です