江雪左文字は、筑前の刀工・実阿の子である左文字源慶の作品です。
銘に「左」の字を切ることから、左文字と呼ばれています。

天下三作に名を連ねる相州正宗に学び、正宗門下の刀工10人を指す「正宗十哲」のひとりに数えられています。
はじめの頃の作風は父親譲りの直刃調でしたが、後にこの江雪左文字のような相州風へと作風を変えていきました。
ただし丸棟であるところに、九州らしさの名残をとどめているようにも感じられます。
左はもともと短刀を得意として数多くの作品を残していますが、太刀は稀有です。
しかも、在銘の太刀はこの一振りのみで、緩やかなのたれ文に沸が躍動しており、地刃が冴えて豪放な魅力を放つ傑作です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *