太刀を刀として使いたいとき、長すぎるものを自分の身長に合わせて 使いたいときなど、日本刀の寸法を短くす ることを「磨り上げる」という。寸法を短 くするなら鋒を切ればいいと思うとこ ろが、実際は区(棟区・刃区 )の方から短くす る。鋒を切ると、帽子がなくなる。帽子が なくなるということは、鋒の焼刃がなくな るということ。焼き入れすることによって 硬くなった鋒の焼刃がなくなることは、日本刀にとっては致命的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *