世界遺産に登録された広島県の厳島神社には、平家の人々が奉納した刀剣や鎧などの武器がたくさん収められているようです。平家の人々は瀬戸内海の厳島神社を一族の守り神として信仰していたようです。納められていた刀の一つに「友成(ともなり)」と呼ばれる名刀があるようです。備前の国の名工が打ったなどと言われています。大変美しい刀として現代においても多くのファンを惹きつけているようです。平氏の一族が信仰した厳島神社も、大変美しい社殿を持つ神社であり、日本三景の一つであるともされています。平清盛によって、現在のような社殿が整備されたようですが、 多くの画家たちがその姿を名画としても残しています。このように、日本各地に知れ渡った厳島神社は、人々の憧れの地として語り継がれるようにもなったようです。大変指で美しい姿をした社殿に奉納された宝物の数々の1つが、名刀とされる「友成」であります。平家の人々が、厳島神社に特別な想いを寄せていたことを表しているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です