他にも、当然のことながら、武道には相手がいるということが想定されることも多く、多くの人は相手に向かっていいくことで自分を鍛えようとするわけですが、それでは武士道精神にマッチすることは難しいでしょう。空手などでもよく考えられる方法ですが、相手がいる鍛錬であっても、自分自身と対話をするような形で鍛錬を続けていくということが何よりも重要なのです。けっきょくのところ、他社とのあいだに自分をどう捉えればよいのかということが重要になってきているといえることはまちがいないといえるのではないでしょうか?剣術を用いた試合では、じっさいのところ、そうも言ってられない事情があることはよくわかりますが、そのような点を疎かにしてしまえば、大きな成長は見込めませんし、日本刀や模造刀を十分に生かすことは出来ないと言えるでしょう。実践であれば、相手をいなして、こちらから積極的にせめることはしないのが美徳とされていた節があるため、このような考え方を守ることも武士道の1であるというふうにかんがえられなくはないでしょうか?結局のところこのような複雑な問題はかつての江戸時代でもかんがえられており、400年前の様々な意見がとびかっていたわけです。居合というものが現代ではもっとも武士社会を反映しているともいわれることが多いわけですが、これは現代でもっとも発達しているスポーツとかんれんづけられることも多いのです。武士道や居合道も同じで、なんどもなんども反復練習していくことで、反射的な動きをみにつけながら、予測をたかめていくという一連の流れは特に肝心なものであると考えられていますし、無駄なうごきをそぎ落としていく過程が重要になってきているといえるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です